不動産を売りたい

【不動産を売りたい】不動産を売却する時のおおまかな流れ

2020年8月26日

  1. HOME >
  2. 不動産を売りたい >

【不動産を売りたい】不動産を売却する時のおおまかな流れ

2020年8月26日

まずは不動産の売却をするときのおおまかな流れを把握しておきましょう。この流れを把握することが不動産の売却を成功させるためには大切です。できるだけ把握しやすいように図を作りましたので、この図で不動産を売却するまでのおおまかな流れを覚えてください。

不動産売却の流れ

不動産売却の流れ

不動産売却までのおおまかな流れ

これが不動産を売却するまでのおおまかな流れです。それでは、次にそのステップを簡単に説明させていただきます。

ステップ① 不動産を売却する目的を明確にする

不動産の売却を成功させるために、まずは不動産を売却する理由を整理して、その目的を明確にすることが大切です。なぜなら、それによってどのように不動産の売却を進めていくかが見えてくるからです。

ステップ② 周辺相場を確認する

不動産を売却する目的を明確にすることができたら、次は不動産の相場を調べてみましょう。どのようにして調べればいいのかというと、それは簡単です。ご自身が売却しようとしている不動産の近くの場所にある同じような条件の建物がいくらで売りに出ているのかを見てみてください。それを調べればだいたいの周辺相場がわかると思います。

ステップ③ 不動産会社へ査定を依頼する

周辺の相場を確認したら、次は不動産会社へ査定を依頼します。どこの不動産会社に査定を依頼するのかは難しい問題ですが私たちアンクルホームに依頼していただければ幸いです。

ステップ④ 不動産会社を選び契約を締結する

不動産を査定してもらったら、実際にいくらで不動産を売却するのかを決めて不動産会社へ売却の仲介を依頼します。不動産の売却は1社に依頼しても構いませんし、複数の不動産会社に依頼しても構いません。1社のみに仲介を任せたい場合は「専属専任媒介」か「専任媒介契約」を結び、複数の不動産会社に依頼したい場合は「一般媒介契約」を結ぶことになります。

ステップ⑤ 物件を売り出す

売り出し価格は売却活動において重要なものの一つです。自分の希望だけを通すのではなく、不動産会社が提示した査定価格や周辺の売却事例や市場の動向などを踏まえて慎重に物件を売り出しましょう。また、売却時には必ずと言っていいほど購入希望者と価格交渉をすることになりますので頭に入れておいてください。

ステップ⑥ 購入希望者との売却交渉

購入希望者が現れたら、契約に向けての交渉を始めます。価格や引き渡し時期、代金の支払い日など、購入希望者が提示した条件に基づいて具体的な交渉が開始されます。交渉は売主側の不動産会社と買主側の不動産会社が行うのが一般的です。

ステップ⑦ 売買契約の締結

重要事項の説明をして契約条件について買主と売主の双方が合意したら売買契約を締結します。いったん契約を締結すると簡単に解除することはできませんので事前に契約内容を十分に確認することが重要です。不動産売買契約書の内容は取引内容や当事者の権利や義務等が記載されていますので不明点などがないようにしっかりと確認してください。 お客様(買主様)と売主様が署名捺印し、手付金の受領で契約が成立します。

ステップ⑧ 物件の引き渡し

残代金の受領日までに買主様へ物件を引渡せる状態にしておかなければなりません。抵当権抹消等の事前準備や引越しの手続きなどをしておきます。特に抵当権抹消には時間がかかったりしますので決済日が決りましたら速やかに手続きをします。また、契約時に撤去依頼をされた設備などがあった場合には事前に処分や売却等しておきます。買主が売主に残代金全額を支払い、鍵などを受け取って、取引を完了することを決済といいます。不動産の決済は買主様がローンを組む金融機関で行う場合がほとんどで、売買当事者双方と登記手続を担当する司法書士が立ち会って行います。

-不動産を売りたい

Copyright © アンクルホーム , All Rights Reserved.