不動産を売りたい

【不動産を売りたい】不動産を売却する目的をハッキリさせる!

2020年8月26日

  1. HOME >
  2. 不動産を売りたい >

【不動産を売りたい】不動産を売却する目的をハッキリさせる!

2020年8月26日

不動産の売却を成功させるためには、なぜその不動産を売却したいのかという売却理由を整理して、不動産を売却して得ようとしている目的をハッキリさせておかなければいけません。なぜなら、それによって不動産の売却をどのように進めていけばいいのかを明確にすることができるからです。

不動産を売却する理由は何か?

不動産を売却する理由は何?

不動産を売却する理由でよくあるのは「相続」「住み替え」「資金調達」「離婚による財産分与」「借入返済の滞り」などですが、それぞれの理由によって不動産を売却するときの交渉の仕方が変わってきます。ですから、不動産の売却をどのように進めていくのかを明確にするために、まずは不動産を売却する理由をしっかりと整理してみましょう。

不動産を売却する理由は?

・相続

・住み替え

・資金調達

・離婚による財産分与

・借入返済の滞り

どんな目的で不動産の売却をするのか?

不動産を売却する理由が整理できたら、不動産を売却して得ようとしている目的をハッキリさせましょう。目的をハッキリさせておかないと買主(多くの場合は不動産会社)のペースに巻き込まれて当初の目的とブレてしまうということがよくあります。金額を重視するのか、時期を重視するのか。金額を重視するのであれば不動産を売却したい価格はいくらくらいなのか。時期を重視するのであればその不動産をいつまでに売却したいのか。それによって不動産を売却する方法も変わってきます。例えば、不動産の売却価格というのは「仲介」という取引と「買取」という取引とで変わります。それぞれの取引の違いはまた別の機会に話すとして、一般的には「仲介」の方が「買取」よりも売却価格は高くなる傾向にあります。ですから、売主が不動産の売却を急がないというのであれば「仲介」で不動産の売却を考えれば良いでしょうし、少しでも早く売りたいという場合は「買取」で不動産を売却すれば良いという考え方ができます。

それから、不動産を売却する目的によっては不動産を売却しなくても良い場合があります。例えば、相続で使わない不動産を持つことになったが今すぐにまとまったお金がほしいわけではないという場合。こういう場合ならその不動産を売却せずに賃貸に出すという選択肢も出てきます。ただ、賃貸に出す場合は借主が住める状態にしなければいけないということも頭に入れておかなければいけません。単純に不動産を売却するだけなら手直しはしなくても良いわけですから、その投資部分をどう考えるかが大事になってきます。

不動産を売却する目的は?

・お金はいくら必要ですか?

・いつまでに不動産を売却したいのですか?

・本当に不動産を売却する必要はありますか?賃貸は?

京都市右京区の不動産なら無料で査定させていただきます

-不動産を売りたい

Copyright © アンクルホーム , All Rights Reserved.