アンクルホームの賃貸経営

【入居者管理】賃料の設定方法

2020年7月29日

  1. HOME >
  2. アンクルホームの賃貸経営 >

【入居者管理】賃料の設定方法

2020年7月29日

賃貸管理業務において賃料設定は重要なのはご承知の通りですが、アンクルホームでは主に「賃貸事例比較法」と「収益還元法」を使って賃料を割り出しておりますので、今回はその2つの方法についてご紹介させていただきます。

賃貸事例比較法

アンクルホームの賃貸事例比較法

まず多数の新規の賃貸借等の事例を収集して適切な事例の選択を行い、これらに係る実際実質賃料に必要に応じて事情補正及び時点修正を行い、かつ、地域要因の比較及び個別的要因の比較を行って求められた価格を比較考量し、これによって対象不動産の試算賃料を求めるのが「賃貸事例比較法」です。この「賃貸事例比較法」は新規賃料のみならず継続賃料を求める場合にも適用することができます。

収益還元法

アンクルホームの収益還元法

「収益還元法」とは不動産の価値を評価する方法の1つで不動産の収益性に着目して評価を行うというものです。この「収益還元法」は賃貸用不動産、賃貸以外の事業に要する不動産の価格を求める場合に特に有効で取引事例比較法や原価法と比べ、合理性が高い方法と言えます。ただし、過去の運用履歴とその数字の信頼性が前提となりますので対象不動産の販売会社から提出された資料の妥当性を精査する必要があります。

アンクルホームでは主にこの「賃貸事例比較法」と「収益還元法」を使って賃料を割り出しております。もし、あなたの物件の賃料が適正かどうかをお調べになりたい場合は、ぜひアンクルホームにご相談ください。

アンクルホームの賃貸管理相談ボタン

-アンクルホームの賃貸経営

Copyright© (有)アンクルホーム , 2020 All Rights Reserved.