不動産の購入を検討中の方へ 京都市右京区で不動産売却をお考えの方へ

【京都市右京区】家を住み替えたい! そんな時、家は売るのが先か?買うのが先か?

2021年2月10日

  1. HOME >
  2. 不動産の購入を検討中の方へ >

【京都市右京区】家を住み替えたい! そんな時、家は売るのが先か?買うのが先か?

2021年2月10日

持ち家がある人なら、一度は住み替えを検討したことがあるのではないでしょうか。

しかし、いざ住み替えたいと思っても「何から始めたらいいのか?」「どうやって進めるればいいのか?」「どれくらいの費用がかかるのか?」と不安も多く出てくるでしょう。

そこで、今回は家の住み替えを考えている人が、まず最初に知っておくべきポイントを解説します。この記事を読めば家の住み替えを考えた時に何から進めていけばいいのかがわかるようになると思います。

【京都市右京区での住み替えの流れ】家は売りと買いどちらを優先するべきなのか?

京都市右京区での住み替えの手順

住み替え時の不動産売却の流れ

京都市右京区で家を住み替える時の不動産売却の流れ

不動産の売却は主に上記の5つのステップに分かれています。個人差はありますが、不動産の査定から引き渡しまでで約6ヶ月はかかると思っておくといいでしょう。

住み替え時の不動産購入の流れ

京都市右京区で家を住み替える時の不動産購入の流れ

不動産の購入も売却と同じく大きく分けると上記の5つのステップに分かれています。不動産購入の際は売却の時と違い、住みたい物件がすぐに見つかれば1ヶ月足らずで入居まで至るケースもあります。※平均的には半年程度かけて物件探しをする方が多いようです。

では、不動産の売却と購入はどちらを先に行えばいいのでしょうか?

不動産の購入を先に行う「買い先行」、不動産の売却を先に行う「売り先行」。双方ともにメリットとデメリットがありますのでそれぞれを比較してみましょう。

買い先行の特徴

メリット

  • 新居探しに時間を割くことができる
  • 仮住まいが必要にならない

デメリット

  • 売却したい日付がある場合、急いで売る必要があり物件の値段が下がりやすい
  • 二重ローンになる可能性がある

「買い先行」の最大のメリットは納得のいくまで新居探しに時間を割くことができ、引っ越しが1回だけで済むという点です。

ただし、持ち家の売却金を新居の購入資金に充てられないので資金に余裕がある人向けの方法になります。

資金に余裕がない。また、現在の持ち家に住宅ローンが残っている場合は新居のローンと二重ローンになり、金銭的負担がかなり大きくなってしまいますので注意してください。

売り先行の特徴

メリット

  • 資金源をあらかじめ確保することができる
  • 売却に時間を割くことができる

デメリット

  • 仮住まいが必要になる可能性がある

「売り先行」のメリットは家を先に売ることで住み替え費用をあらかじめ確保できるという点です。

資金の目途が立っているので購入計画が立てやすく、手元の資金を目安に住み替え先を探すことができるため、金銭的なリスクを抑えたい人向けの方法です。

ただし、新居の購入タイミングによっては仮住まいが必要になる場合もありますし、引き渡し日から入居日が長期間ずれ込むと仮住まいに引越し、再び新居へ住み替えなければいけませんので、金銭的負担が生じるだけでなく、2回引っ越しが必要になる点がデメリットです。

はじめての住み替えは「売り先行」がおすすめ

京都市右京区での住み替えは不動産売却から始めましょう

「売り先行」と「買い先行」の双方のメリットとデメリットを解説しましたが、果たしてどっちの方がいいのでしょうか?

はじめての方にはズバリ「売り先行」がおすすめです。やはり初めての場合には購入計画をしっかりと立てた方が安心ですし、物件が売れないという心配もなくなります。買いを先行すると、家が売れないリスクが伴います。万が一、家が売れなかった場合、多額の二重ローンに苦しむことになるので、資金に余裕がない方は「売り先行」で住み替えを進めましょう。

「買い先行」の場合は買い替え特約を!

京都市右京区での住み替えを買い先行で行う場合は買い替え特約をつけましょう

※買い替え特約 

新しい住まいを購入するときの契約に付帯できるもので、「○月○日までに自宅をいくら以上で売れなかった場合、契約を白紙解除できる」という特約事項です。自宅が売れたらその物件は自分のものになり、売れなければ売買契約を白紙解除して手付金などを返してもらうことができます。売主側のリスクが高いので、同意を得られる場合のみこの特約を付帯できます。

京都市右京区で不動産売却を業者に相談するならアンクルホーム

京都市右京区で不動産売却をお考えの方はアンクルホームへご相談ください。

会社名有限会社 アンクルホーム
代表者名野原 正光
住所〒616-8122 京都市右京区太秦井戸ヶ尻町21-2
TEL075-873-2030
FAX075-873-2040
ホームページhttps://www.uncle-h.co.jp/
メールinfo@uncle-h.co.jp
営業時間

賃貸管理部 9:30〜17:00

不動産売買部 9:30〜18:00

定休日

賃貸管理部 日曜祝日

不動産売買部 水曜日

免許番号京都府知事免許(4)第11727号
所属団体

(公社)全日本不動産協会

(公社)近畿地区不動産公正取引協議会

(公財)日本賃貸住宅管理協会

アンクルホームの社屋

〒616-8122 京都市右京区太秦井戸ヶ尻町21-2

-不動産の購入を検討中の方へ, 京都市右京区で不動産売却をお考えの方へ

Copyright © アンクルホーム , All Rights Reserved.