京都市右京区で不動産売却をお考えの方へ

【京都市右京区】マンションの売却がしやすい時期 中古マンションの売却はアンクルホーム

2021年1月26日

  1. HOME >
  2. 京都市右京区で不動産売却をお考えの方へ >

【京都市右京区】マンションの売却がしやすい時期 中古マンションの売却はアンクルホーム

2021年1月26日

マンションを売却するなら、いつ売りに出すのかタイミングを見極めることが大切です。時期を間違えるとなかなか買主が見つからなかったり、仮に不動産を売却できたとしても相場より売却価格が安くなってしまったりして、不利益な状態に陥ってしまう可能性があります。逆に言えば、マンションの売り時を把握しておけば理想とする売却価格を狙うことは可能です。

そこで今回は、マンション売却の適切な時期について詳しく解説していきます。京都市右京区でマンション売却をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

京都市右京区でマンションの売却しやすい時期とは?

京都市右京区でマンションを売却する時期を決める方法

マンションの売却に適したタイミングは一般的にマンションの購入需要が高まる時期であると考えられます。ここでは、マンション売却のタイミングを検討する上で参考にするべき3つの観点から考える売却時期についてご紹介します。

不動産の購入ニーズから考える売却時期

1つ目の観点は、不動産の購入ニーズから売却時期を検討するという方法です。不動産の購入ニーズというのは例年1~3月に最も高まりますので、この時期にマンションを売りに出すと早期に売却ができる可能性が高くなります。

ただし、購入ニーズが最も高まる時期は1~3月期となりますが、その他の時期においても極端に購入ニーズが落ち込むことがないということも事実ですので覚えておいてください。

また、例年1~3月期にマンションを購入するというニーズが高まる背景としては、新年度を見据えた購入意向が影響していると言われています。

購入検討者の中には、お子様の小学校への入学を控えての購入検討、中学校・高校の入学や新学期に切り替わるタイミングで手狭となった購入検討、また、ご家族の転勤に合わせての購入検討が多いので、この時期にマンションの購入ニーズが最も高まるのだと考えられます。

そのような理由から購入検討者は新年度を意識して物件探しを開始されるのですが、不動産の売却手続きにおいては売却相談から不動産売買契約締結・残金決済引渡しなどの一連の手続きが完結するまでに一般的に3~6ヶ月程度の期間を要しますので、購入ニーズが最も高まる1~3月期に合わせて広告宣伝や売却活動をおこなうためには前年の9~12月までには不動産仲介会社に売却相談をおこない、余裕をもってマンションの売却活動が開始できるよう手続きを進めていきましょう。

不動産全体の市場相場動向から考える売却時期

2つ目の観点は、不動産全体の市場相場動向から売却時期を考えるという方法があります。

2019年現在、区分所有マンションの市場全体の相場動向は好調に市況が推移しており、マンションの売却に適した時期が続いていると言えるでしょう。

実際に国土交通省が毎月公表している年間約30万件の不動産の取引価格情報をもとに、全国・ブロック別・都市圏別・都道府県別に不動産価格の動向を指数化した「不動産価格指数(住宅)」によると2010年の不動産価格動向指数(全国・区分所有マンション)を100とした場合、2018年12月期には144.22に達し、区分所有マンションの市場相場は上昇を続けていることが確認できます。

また、特定の地域において実際に取引された中古マンションの価格情報を確認したい場合は、国土交通省が運営している「土地総合情報システム」というサイトの中にある「不動産取引価格情報検索」で確認することができます。

ただし、ここで公開されている不動産取引価格情報には、取引された物件が容易に特定できないように加工した上で公開されていること。また、あなたが所有されている不動産と条件が似ている取引価格情報であったとしても取引の行われた事情などにより、実際の市場相場価格とは相違することがあります。そのため、これらの情報はあくまでも参考程度にしておきましょう。もしも、あなたが、より精緻な売却想定価格を把握したいのであれば、不動産仲介会社が無料でおこなっている売却査定サービスを利用されることをオススメします。

経済政策・税制から考える売却時期

3つ目の観点は、経済政策・税制から売却時期を考えるという方法です。日本ではデフレ脱却を目的とした低金利政策が続けられていること。また、住宅ローン減税制度などが導入されていることから、住宅購入の追い風となる環境が整っていると言えます。

低金利局面においては当然住宅ローンの金利も低くなるため、住宅を購入するニーズが増えると考えられます。また、税制面においても住宅ローン減税制度によって住宅ローンを借り入れて住宅を取得した場合には毎年末の住宅ローン残高、または、住宅の取得対価のうちのいずれか少ない方の金額の1%が10年間にわたり所得税から控除される仕組みがあります。これはマンションの購入を検討されている方にとっては大きなメリットがある経済政策や税制であると言えるでしょう。

このような経済政策・税制が実施されている間は売却に適したタイミングであると考えられますが、金利は日々変動していますし、住宅ローン減税などの税制も時限制度のものが多くありますので、日頃の経済ニュースをしっかりと確認することでマンションの売却に適したタイミングを逃さないようにしてください。

【京都市右京区】個別事情によるマンション売却に適したタイミング

京都市右京区でマンション売却に適したタイミングとは?

マンションを売却するにあたっては、売却しやすい時期だけでなく、個別事情を考慮することも重要です。これまでご紹介してきたようなマンションを売却しやすい時期に合わせてマンションの売却を開始できればいいのですが、個別事情によっては難しい場合も考えられます。

そこで、ここではあなた自身のマンション売却のご事情や不動産の所有期間による個別事情を加味した売却の適したタイミングについて解説させていただきます。

売却が完了するまでの想定スケジュールを確認

マンションを売却するタイミングを検討する際は、マンション売却に要する想定スケジュールを考慮することも大切です。

一般的な不動産を売却するときのスケジュールは、不動産仲介会社へ売却の相談を開始してから残金決済・物件の引渡しまでの売却手続が完了するまでに通常3~6ヶ月程度要します。

不動産の売却手続きは、不動産売買契約を締結したからといって売買代金全額が手に入る訳ではありません。通常、不動産売買契約は不動産売買契約を締結した後に残金決済・物件引渡しを経て、その時に初めて売買代金全額を受け取ることが可能となりますので、売却完了までのスケジュールを意識して売却手続きを進めることが必要です。

ただし、すぐに売却(現金化)したいというご事情がある場合には、不動産会社に直接買い取ってもらうという方法もあります。不動産会社が買主となる不動産買取サービスを利用することで売買価格の算出や契約条件の折衝のあと、すみやかに売却手続きをおこうことが可能となりますので、急ぎでの売却が必要な場合には不動産会社による買取サービスの利用を検討してみるとよいでしょう。

仲介と買取の違いについては、下記の記事で詳しく解説していますので京都市右京区で買取での売却を検討されている場合は、ぜひ参考にしてみてください。

京都市右京区で不動産売却を業者に依頼!不動産売却!「仲介」と「買取」の違いとは?

売却する時期に迷ったら売却事情を最優先に

マンションなど不動産の売却を検討しはじめた時には、何かしらの売却の検討に至るご事情があることでしょう。

売却を検討する理由としては、家族構成の変化や転勤・転職などのライフスタイルの変化。また、普段は活用していない空き家や相続した不動産の資産整理のための売却など様々な理由が考えられます。

しかし、よりよい住まいへの買い替えなど、ポジティブな売却理由がある一方で、離婚や住宅ローンの返済の滞りなどを理由とする不動産の売却も決して珍しいことではありません。

不動産の売却事情は人それぞれですが、ポジティブな理由かネガティブな理由かは別にして売却を完了しなければならない期限があるのか、すなわちマンションなどの不動産をいつまでに現金化しなければならないのかを意識することが重要です。 

売却理由が買い替えによるものであっても購入を先行し新居に転居した後に現在の住まい(マンション)を売却する場合には、一般的な売却しやすい時期を売却のタイミングと設定するとよいでしょう。しかし、売却で得た資金を新居の購入資金に充当する予定の買い替えの場合には、新居の引渡し・残金決済時期までに現在の住まいの売却手続きを完了しなければなりません。

そのため「この時期までに必ず売却を完了したい」というご事情がある場合には、一般的に売却しやすい時期を売却のタイミングとして目指すのではなく、ご自身の売却事情に合わせたタイミングでマンションを売却することを最優先にしましょう。

不動産の所有期間の長短によって税率が異なる

マンションを売却するタイミングを検討する上では、不動産の所有期間(年数)の長短によって税制面での優遇措置が変わってきますので注意をしましょう。

不動産を売却して利益が出た場合の所得を「譲渡所得」といいます。譲渡所得については、他の所得と切り離して所得税と住民税が課税されることになりますが、不動産の所有期間によって税率が変わります。

譲渡所得への税率は不動産の所有期間が譲渡した年の1月1日現在において、5年を超えている場合に「長期譲渡所得」として区分され、適用税率は20.315%(所得税、復興特別所得税、住民税の合計)の税率となります。

一方、不動産の所有期間が譲渡した年の1月1日現在において、5年以下の場合は「短期譲渡所得」に区分され、適用税率は39.63%(所得税、復興特別所得税、住民税の合計)となりますので、不動産の所有期間が5年を超えるまで売却するのを待った方が得策といえるでしょう。

ただし、一定要件をクリアした居住用不動産の売却の場合であれば3,000万円の特別控除という制度の適用を受けられる可能性があります。つまり、3,000万円の特別控除の適用が受けられれば、売却益(譲渡所得)が3,000万円以下であれば所有期間にかかわらずどのタイミングで売却しても違いはないとも考えられます。しかし、売却益(譲渡所得)が出るか否かを試算するためには、どのくらいの価格で売却が可能なのかをまず把握することが必要となります。

そのような場合には信頼できる不動産仲介会社に売却査定価格の算出を依頼し、成約想定価格からどの程度税金がかかるかを試算した上で有利となる売却タイミングを検討するとよいでしょう。

【京都市右京区】築年数で考えるマンションの売り時

京都市右京区でマンションを売却する時に築年数はどう考えればいいのか?

築年数5年以下のマンション

比較的買い手がつきやすいとされている築年数が5年以下のマンションは比較的高く売ることができます。

築年数が浅いマンションであれば買い手の心象的にも「新築と大きく変わらない」というプラスのイメージを持ってもらいやすいです。実際に設備劣化が起きていない物件がほとんどなので高く売りやすい時期であると言えますが、新築と条件が近くなるため市況の影響を受けやすいとも言われています。

新築の相場が下がっている時期だと所有されているマンションよりもあとに建てられた新築マンションの方が安いという状況に陥ってしまうため、売却できる可能性が低くなってしまいます。

また、ローンを組んで新築マンションを購入した場合、築年数がまだ浅いため、住宅ローンの返済がまだ進んでおらず、残高が多く残ってしまっているという問題も出てきます。築年数が浅ければ売却もしやすいですが、それなりの注意点もあるので、その辺をよく確認してからマンションの売却をおこないましょう。

築年数10年以上のマンション

築年数が10年以上のマンションは比較的新しいものの、新築物件よりもリーズナブルな価格で購入できるため根強い人気を誇っています。

しかし、建てられてから10年以上経過しているため、マンションの見栄えが悪くなってくる時期でもあり、管理体制が整っていないと古いマンションというイメージを買主に与えてしまうことがあるようです。

また、築年数が15年ほど経過したマンションでは一度目の大規模な補修工事を行うところが多く、住民はそのための積立金を払うことが必要になるため、その時期の購入を渋る買主も多いと言われています。

補修工事後に売却を進めるようにすればスムーズに買主を見つけることができる可能性があります。

築年数が20年以上のマンション

築年数が20年を過ぎてしまうと人気の間取りとは違っていたり、キッチンやお風呂などの設備が劣化してきたりと、古さが目立ち始めてしまうという問題が出てきます。

そのため、売却を考えるのであれば、リフォームを行い最新設備を導入するなどの工夫が必要になるかもしれません。

リフォームなどにお金を投資するのが難しいという場合は買主が購入後にリフォームを行いやすくするように売却価格を下げるという方法もあります。需要が低くなる築年数のため、何かアピールポイントを作ることが大切です。

築年数が30年以上のマンション

築年数が30年を過ぎた物件は、売却を考えるのであれば、部屋の中のほとんどのものを交換する必要があるかもしれません。

需要が少ないので価格も低くなります。この頃には大規模な修繕工事が必要となるため、それまでにマンション管理自治体が修繕積立金を積み上げてきたのかが問題となります。

京都市右京区でマンションを売却するなら様々な要因を考慮して売り時を見極めよう

京都市右京区でマンションの売却をする時に考慮するべき事とは?

少しでも好条件でマンションを売却するためには、適切な売り時を見極めて売却方法を工夫することが大切です。

マンションを売却するタイミングや売却方法の工夫次第で、同じ物件でも売却の条件は大きく違ってきます。売却に適した時期を慎重に見極め、売り出し方も工夫して、好条件でのマンション売却を成功させましょう。

京都市右京区でマンションの売却ならアンクルホームに相談して決めよう

マンションの売却時期は経済状況やマンションの状態など様々な要因で決まります。

これらの状況を踏まえて売却時期を判断するのは1人では難しいので「少しでも高く売りたい!」とお考えの方は、ぜひアンクルホームにご相談ください。

京都市右京区でマンション売却を成功させるには、京都市右京区における不動産の市場動向や地域情報を熟知している不動産会社に売却を依頼するのがベストと言えます。京都市右京区の地域性をよく知っている不動産会社ほど、より高値で利益の出る売却を実現してくれるでしょう。

京都市右京区で中古マンションの売却をお考えの方はアンクルホームへご依頼ください。京都市右京区エリアを隅々まで知り尽くし、数多くの実績を積み上げてきたからこそ実現できる、スピーディかつ丁寧な対応で、あなたのマンション売却をサポートさせていただきます。まずは、お気軽にお問い合わせください。

アンクルホームは無料で不動産を査定します

京都市右京区で不動産売却を業者に相談するならアンクルホームへ

京都市右京区で不動産売却をお考えの方はアンクルホームへご相談ください。

会社名有限会社 アンクルホーム
代表者名野原 正光
住所〒616-8122 京都市右京区太秦井戸ヶ尻町21-2
TEL075-873-2030
FAX075-873-2040
ホームページhttps://www.uncle-h.co.jp/
メールinfo@uncle-h.co.jp
営業時間

賃貸管理部 9:30〜17:00

不動産売買部 9:30〜18:00

定休日

賃貸管理部 日曜祝日

不動産売買部 水曜日

免許番号京都府知事免許(4)第11727号
所属団体

(公社)全日本不動産協会

(公社)近畿地区不動産公正取引協議会

(公財)日本賃貸住宅管理協会

アンクルホームの社屋

〒616-8122 京都市右京区太秦井戸ヶ尻町21-2

-京都市右京区で不動産売却をお考えの方へ

Copyright © アンクルホーム , All Rights Reserved.